Lymphedema Technician Training Academy
HOME講座スケジュール講座内容お申し込みリンパ浮腫技能者ディレクトリ卒業生専用
お問い合わせ
リンパ浮腫 ニュース

リンパ浮腫

 リンパ浮腫には一次性リンパ浮腫と二次性リンパ浮腫とがあり、
国内では、乳癌・子宮癌・前立腺癌などでのリンパ節郭清
放射線や抗がん剤、腫瘍等の影響による、リンパ管の破壊・狭窄・圧迫などが原因となり
リンパ流に障害が起こる二次性リンパ浮腫の患者さんが多く見られます。


下肢リンパ浮腫患者リンパシステムは、動脈・静脈という閉鎖性循環とは異なる役割を
担っています。血管外(間質)にある老廃物やタンパクなど大きな
物質を集め中枢側へ、最終的には静脈へと戻す働きをしています。
つまり、リンパ浮腫を発症すると間質に多くの物質が貯留すること
になります。
それらが因子となり、皮下組織の変性が進み皮膚は硬化していき
ます。また、患肢は易感染性となり、痛み、発赤、発熱、などの症
状を伴う蜂窩織炎を度々繰り返すようなります。





欧米先進国に比べリンパ浮腫治療への取り組みが遅れていたのですが、2008年4月
より、弾性着衣が保険適応となりました。

保発第0321002号            平成20年3月21日
                                               厚生労働省保険局長

四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等に係る療養費の支給について

標 記については、今般、中央社会保険医療協議会において、新たな技術として保険適用(療養費として支給)することが承認されたことから、四肢のリンパ浮腫治 療のための弾性ストッキング、弾性スリーブ、弾性グローブ及び弾性包帯(以下「弾性着衣等」と言う。)に係る療養費の取扱いを下記のとおりとするので、関 係者に対し周知を図るとともに、その実施に遺憾のないようご配慮いただきたい。
                    記

1 目的
 腋窩、骨盤内の広範なリンパ節郭清術を伴う悪性腫瘍の術後に発生する四肢のリンパ浮腫の重篤化予防を目的とした弾性着衣等の購入費用について、療養費として支給する。

2 支給対象
 上記悪性腫瘍術後の四肢のリンパ浮腫の治療のために、医師の指示に基づき購入する弾性着衣等にっいて、療養費の支給対象とする。
 なお、弾性包帯については、弾性ストッキング、弾性スリーブ及び弾性グローブを使用できないと認められる場合に限り療養費の支給対象とする。

3 適用年月目
 本通知による取扱いは、平成20年4月1日から適用する。



MENU
 講座スケジュール
 講座内容
 受講申し込み
■ リンパ浮腫
■ リンパ浮腫指導技能者
   ディレクトリ
 リンパ浮腫外来を持つ
   医療機関
■ リンパ浮腫の診療報酬 
■ 卒業生専用ページ
■ 交通のご案内
 
  2013
::: 講習会修了試験

第11回講習会の
修了試験結果(合格率)

■ 実技試験  100.0%
■ 筆記試験   94.1%
■ 平均点  
   実技   87.3点
   筆記   81.3点
リンパ浮腫に対する弾性着衣の
保険適応を実現する会
リンパ浮腫の保険適応化を実現した
目標達成につき会は解散しました。

ホーム     会社概要     パートナー     サービス      コンタクト     ヘルプ    

Copyright(C)Lymphedema Technician Training Academy All Rights Reserved.